カテゴリー「OneDrive」の記事

2019年1月11日

Microsoft アカウントでサインインしようとすると「もう少し情報が必要です」と表示された

ブラウザーで Microsoft のサービスを利用するために、Microsoft  アカウントを入力して、「サインイン」ボタンを押してみたところ「もう少し情報が必要です」と表示されました。「職場または学校のアカウント」と「個人用アカウント」のどちらかを選択するよう促されます。これは、どういうことなのでしょう?

広告

ブラウザーで OneDrive.comOutlook.com へサインインしようとした際に、こんな表示が出たのかと思います。

もう少し情報が必要です

この件に関しては、2018年1月11日に OneDrive にサインインしようとすると「OneDrive と OneDrive for Business の両方に使われています」と表示される でも解説しました。

この現象は、Microsoft アカウントに設定してあるメールアドレスのドメイン(@マークの右側)の部分によるものです。

Microsoft としては、Microsoft アカウントに Microsoft の Web メールである、@Outlook.com や @Outlook.jp などを利用するよう推奨しています。しかし、Microsoft アカウントは、自分がよく使うメールアドレスを設定することも可能です。Gmail や Yahoo メールを指定している方も多いでしょう。そして、プロバイダーのメールアドレスも Microsoft アカウントにすることができます。

ただ、Gmail を Microsoft アカウントにしても、今回のような「OneDrive」と「OneDrive for Business」のどちらでサインインするのか?とは聞かれません。しかし、日本では割と有名な Nifty や So-net、Plala といったプロバイダーのメールアドレスを Microsoft アカウントにすると起こります。

こういった プロバイダーのメールアドレスを 法人用 Office 365 のアカウントに設定されると、以降、同じドメインでサインインした際に、「あなたも法人用 Office 365 でサインインするのか?」と聞いてくるようになってしまいます。そして、この現象は、そのドメインを使う限り、個人では回避することができません。

さて、去年解説した際には、なかった表示が今回は見られるようになりました。「これが何度も表示されますか?個人用の Microsoft アカウントの名前を変更します。」の部分です。

リンクになっている部分を押すと「個人用 Microsoft アカウントのメール アドレスの変更」ページが開くようになりました。

image

このページにも、なぜこのような表示が出るのか解説されています。そして、表示されないようにする方法も紹介されています。

公式の解説がわかりにくい場合は、次のようにします。

  1. Microsoft にサインインする方法の管理 にサインインする。
  2. 「アカウント エイリアス」で「メールの追加」を押す。
  3. 「エイリアスの追加」で「新しいメール アドレスを作成し、エイリアスとして追加する」を選択。
  4. アカウント名(@マークの左側の部分)を入力して「エイリアスの追加」ボタンを押す。
    ※ドメイン(@マークの右側)は、outlook.jp だけでなくoutlook.com も選択可能です。「エイリアスの追加」
    ※「既に取得済みのメール アドレスを Microsoft アカウントのエイリアスとして追加する」には、Gmail や Yahoo メール、プロバイダーなどから取得した、まだ Microsoft アカウントにしていないメールアドレスを入力します。既に Microsoft アカウントにしたメールアドレスや、取得済みの Microsoft アカウントを入力することはできません。

これで、「Microsoft にサインインする方法の管理」の「アカウント エイリアス」に新しい Microsoft Web メールアドレスが追加されたことでしょう。以降は、この新しい Microsoft Web メールアドレスでサインインすれば「もう少し情報が必要です」と聞かれずに済みます。なおかつ、サインインした後は、元の Microsoft アカウントで使っていたものと同じです。

なお、新しい Microsoft Web メールアドレスをメインにし、元のプロバイダーのメールアドレスを削除してしまうことも可能です。次のようにします。

  1. Microsoft にサインインする方法の管理 にサインインする。
  2. 追加した新しい Microsoft Web メールアドレスの「プライマリにする」を押す。
  3. 追加した新しい Microsoft Web メールアドレスで「(プライマリ エイリアス)」と表示されたのを確認する。
  4. 今まで、プライマリ エイリアスだった プロバイダーのメールアドレスで「削除」を押す

広告

2018年12月17日

スマホで撮った写真をパソコンに送りたい

スマートフォンで写真をよく撮ります。このスマートフォンで撮った写真を共有したいので Windows 10 パソコンに取り込みたいのです。スマホとパソコンを有線でつないで作業するのでしょうか?それとも、無線でできるのでしょうか?こんな場合、どうするといいのでしょう?

Windows 10 に、Microsoft アカウントでサインインしている場合、OneDrive を利用していることと思います。そこで、お使いのスマートフォンにもOneDrive アプリをインストールしてみてください。

Microsoft OneDrive - Google Play のアプリ

‎Microsoft OneDrive - App Store

これによって、スマートフォンで撮った写真が OneDrive 上にバックアップできます。

設定は次のようにします。

  1. スマートフォンに OneDrive アプリをインストールする。
  2. インストールできた OneDrive アプリに、パソコンで使っている Microsoft アカウントでサインインする。
  3. 左上の 「メニューアイコン」(人型)をタップし、表示されたメニューから「設定」(歯車マーク)をタップ。
  4. 「オプション」の「カメラのアップロード」が「オフ」になっていたら、タップして開く。
  5. 「カメラのアップロード」を「オン」に切り替える。
    その他「動画」を含めてアップロードするのか、アップロード後「年別」にするのか「月別」にするのかも設定できます。

以上で、スマートフォンの「カメラロール」にある写真が Wi-Fi を通じて自動的に OneDrive の「ピクチャ」-「カメラロール」内にアップロードされます。これは、同期ではなく、アップロードなので、完了後にスマートフォンから写真を削除しても、OneDrive からは削除されません。また、同様に OneDrive から削除しても スマートフォンからは削除されません。

自宅で Wi-Fi を使っている場合は、外出から帰ってくると、自動的にOneDriveへアップロードされるので、便利です。

参考:OneDrive に大切な写真や動画を自動でバックアップ - Office 365 サービス - 楽しもう Office

2018年9月27日

OneDrive の「%E7%94%BB%E5%83%8F」フォルダー

Windows 10 で OneDrive を利用しています。ある時、「%E7%94%BB%E5%83%8F」というフォルダーが出来上がっているのに気がつきました。中には、「カメラロール」と「スクリーンショット」フォルダーが入っています。これは、どうなっているのでしょう?

この現象は、Windows 10 の OneDrive アプリ(バージョン 2018 ビルド 18.151.0729.0012)で「自動保存」にある「重要なフォルダーを保護する」で「写真」フォルダーを保護するよう設定すると起こります。

再現のステップ

  1. 通知領域の「OneDrive」アイコンを押して、「その他」-「設定」と進みます。
    通知領域の「OneDrive」アイコンを押して「その他」を開く
  2. 「Microsoft OneDrive」のダイアログボックスを開きますので、「自動保存」タブにある「重要なフォルダーを保護する」の「フォルダーの更新」ボタンを押します。
    「自動保存」タブ
  3. 「重要なフォルダーの保護を管理する」画面が開き、「デスクトップ」「写真」「ドキュメント」で「保護の開始」を実行します。
    「重要なフォルダーの保護を管理する」画面
  4. 「OneDrive」内に「%E7%94%BB%E5%83%8F」フォルダーが新規に出来上がります。
    4.「OneDrive」内に「%E7%94%BB%E5%83%8F」フォルダーが

「%E7%94%BB%E5%83%8F」を文字化けを確認できるエンコードマニアックスで調べてみるとが「画像」となりました。

OneDrive 内には、もともと「ドキュメント」と「画像」フォルダーがありました。「重要なフォルダーの保護を管理する」を実行すると、「デスクトップ」フォルダーが新規作成されます。ローカル内の「ドキュメント」フォルダーは、OneDrive の「ドキュメント」フォルダーへ移動します。ローカル内の「ピクチャ」フォルダーは、OneDrive の画像関係のフォルダーへ移動するはずです。

どうも、本来は、OneDriveの「画像」内に入れるべきところが文字化けしているために、別フォルダーとして新規に出来上がってしまう模様です。

なお、「重要なフォルダーの保護を管理する」画面で「写真」の「保護の解除」をしても、ローカルの「ピクチャ」フォルダーに OneDrive に移動した画像ファイルは戻りません。

image

そして、「%E7%94%BB%E5%83%8F」フォルダーを削除してしまうと「写真」の保護は解除されますが、中に保存されていた画像も削除されてしまいます。そこで、「%E7%94%BB%E5%83%8F」フォルダーを削除したい場合は、中に保存されている画像ファイルを OneDrive の「画像」フォルダー内に移動させてから、削除してください。これで、ローカルの「ピクチャ」フォルダーにあったファイルは、OneDrive で保存されます。

参考:[ドキュメント]、[画像]、[デスクトップ] のフォルダーを OneDrive と同期する - Office サポート

この現象は、おかしいので「フィードバックHub」で報告済みです。

OneDriveの設定で「重要なフォルダーを保護する」の「写真」を実行すると文字化けしたフォルダーができあがる

「重要なフォルダーの保護を管理する」を実行する場合は、現象が修正されるまで「写真」を含めずに実行してみてください。

2018年12月16日 追記:
この現象を Windows 10 Ver1809 で確認してみました。「重要なフォルダーを保護する」で「写真」フォルダーを保護するよう設定しても、OneDrive 内に「%E7%94%BB%E5%83%8F」フォルダーができないことを確認しました。

2018年5月10日

Windows 10 Ver.1803:「ホームグループ」がなくなりました

Windows 10 を使っています。2018年春のアップグレードで Ver.1803 になりました。そうしたところ、ホームグループがなくなっているのに気が付きました。今まで、家庭内のパソコンでファイルを共有する際にホームグループを使っていました。これからは、どのようにしてお互いのファイルを共有すればいいのでしょう?

Windows 10 Ver.1803 からは、「ホームグループ」が利用できなくなりました。

ホームグループは Windows 10 (Version 1803) から削除されました - Windows Help

私も Windows 7 や Windows 8 ぐらいまでは、ホームグループを使っていました。しかし、オンラインストレージの OneDrive が利用できるようになってからは、ホームグループを使わなくなりました。そこで、現在、私がどんなふうにして家庭内のパソコンとファイル共有しているのか紹介します。

同じ Microsoft アカウントでサインインする

Windows 10  では、同じ Microsoft アカウントでサインインすれば、別パソコンからでも同じ OneDrive が利用可能です。もしくは、OneDrive.com へ主に使っている Microsoft アカウントでサインインして使うということもします。

OneDrive に専用の共有フォルダーを作成する

OneDrive 上に共有するための専用フォルダーを作り、違う Microsoft アカウントを招待します。

OneDrive.com の「共有」が新システムに!

そして、違う Microsoft アカウントでは、共有されたフォルダーを Windows 10 や Windows 7 のエクスプローラーでも表示されるよう設定します。

OneDrive の「共有」フォルダーがエクスプローラーで操作できる!

「近距離共有」を使う

これは、Windows 10 Ver.1803 から利用できる機能です。即共有したい!という場合にかなり便利です。やり方は、Windows 10 Ver.1803:近距離共有 を参考にしてみてください。

参考:エクスプローラーでファイルを共有する

2018年4月26日

OneDrive に保存してあるファイルを上書き保存したので元に戻したい

OneDrive を使っています。OneDriveに保存してあるファイルを開いて、編集しました。別の名前を付けて保存しようと思っていたのに、うっかり上書き保存してしまいました。何とか元のファイルに戻せないでしょうか?

Microsoft Office の WordやExcel といったデスクトップアプリだと、「ファイル」-「情報」にある「ドキュメントの管理」の「バージョン履歴」を使って元に戻せることがあります。

Word 2016 で「ファイル」-「情報」と開いた

Office 製品以外の場合は、OneDrive.com でも、過去の履歴が保存されている場合があります。次のようにして確認します。

  1. ブラウザで OneDrive.com へサインインします。
  2. 該当ファイルを選択し、上部のバーの「・・・」ボタンを押します。
  3. 表示されたメニューから「バージョン履歴」を選択します。
    該当ファイルを選択し、上部のバーの「・・・」ボタンを押したところ
  4. 上書き保存する前の更新日のものを選択します。

OneDrive で青い点が表示された

OneDrive を利用しています。先ほど、OneDrive に新しいフォルダーを作ってファイルを保存しました。それを Web 上の OneDrive.com で見たところ、ファイルやフォルダーに青い点がついていました。これは、何なのでしょう?

OneDrive.com にアクセスした際に、こんな感じの青い点が表示されているのかと思います。

OneDrive.com リスト形式のフォルダー

拡大表示

この青い点は、右上にある「表示オプション」で「タイル」に切り替えるとはっきりします。

右上にある「表示オプション」

この青い点は、ファイルやフォルダーを新規に作成したり保存したりすると表示されます。

OneDrive.com でタイル表示

そして、24時間以上経過したら消えました。これは、「最近、新規に作成された」という印です。

24時間以上経過
参考:OneDriveにアップロードしたファイルの名前の青いマークはどういう意味でしょうか

Beautifully useful: Introducing a new look for OneDrive. - Microsoft Tech Community

上記ブログの「Quickly locate new files」に「which is a small gleam that looks like eyelashes above files and folders. 」とありました。「まつ毛のような印」とのことです。

2018年4月23日

Windows 10 :OneDrive の共有を解除してもエクスプローラーでは共有マークが消えない

Windows 10 を使っています。OneDrive にあるフォルダーを共有しました。Windows 10 のエクスプローラーでも共有されているという人型のマークが表示されるようになりました。その後、そのフォルダーを共有する必要がなくなったので、共有を解除しました。Web 上で確認すると共有を解除してあることがわかります。しかし、Windows 10 のエクスプローラーからは、人型のマークが消えません。これは、いったいどうすると消えるのでしょう?

我が家の環境(Windows 10 Ver.1709 Build 16299.371)で確認してみました。

まず、OneDrive 内のフォルダーを共有します。OneDrive 内のフォルダーやファイルを共有する方法はいろいろあるのですが、一番簡単なエクスプローラーでしてみました。次のようにします。

  1. Windows 10 でエクスプローラーを起動し、OneDrive 内に共有専用フォルダーを作ります。
  2. フォルダー上で右クリックします。表示されたメニューから「OneDrive リンクの共有」を選択
    フォルダー上で右クリック
  3. 通知が表示されるよう設定してある場合は、次のような「通知」が出ます。
    OneDrive からの通知「リンクを貼り付けることができます」
    通知が表示された直後に、文字入力ができるアプリに「貼り付け」を実行すると、URL が書きだされます。これを共有したい相手に知らせると、フォルダー内が閲覧とダウンロードのできる権限で共有できます。
  4. エクスプローラーの該当フォルダーに共有されたことを示す「人型」が表示されます。
    エクスプローラーの該当フォルダーに人型表示

さて、こうして、共有したOneDrive 内のフォルダーの共有を解除します。解除するのは、Web 上の OneDrive.com でしかできません。より簡単にアクセスしたい場合は、やはり、OneDrive 内のフォルダーを右クリックすると表示されるメニューから「その他の OneDrive 共有オプション」を選択するといいでしょう。OneDrive.com 内では次のようにして、共有を解除します。

  1. 共有を解除したいフォルダーやファイルを選択し、右上の丸の「i」ボタンを押します。
  2. 表示されたメニューから「アクセス許可の管理」を押します。
    image
  3. 生成されたURLが表示されている欄の右側にある「×」ボタン押します。
    image
    ※個人に共有した場合は、共有権限を「共有を停止」に切り替えます。
  4. 確認画面が出るので、「リンクの削除」ボタンを押します。
    image
  5. 共有が解除されます。

さて、その後、Windows 10 のエクスプローラーを開いてみました。Web上で共有を解除したフォルダーに、エクスプローラーでは「人型」が表示されたままになっています。Web 上では、「このアイテムは共有されていません」となっているわけですが、エクスプローラーでは消えません。
OneDrive.com では共有していないのにエクスプローラーから人型が消えない

この現象は、どの Microsoft アカウントでも起こりました。そして、Windows 10 Ver.1709 Build 16299.371 と Windows 10 Ver.1803 17134.1 でも発生します。また、OneDrive の「ファイル オンデマンド」の影響かと思い、オフにしてみたのですが、人型アイコンのタイプが変わるだけで、非表示にはなりません。

OneDrive の「ファイル オンデマンド」をオフにしてみた

そこで、エクスプローラーの人型を非表示にしたい場合は、Windows 10 の OneDrive で同期をいったんリセットします。次のようにしてみてください。

  1. Win+Rキーを押して、「ファイル名を指定して実行」を開き次のコマンドをコピーし、「名前」欄に Ctrl+V キーを押して貼り付けます。
    %localappdata%\Microsoft\OneDrive\onedrive.exe /reset
  2. 「OK」ボタンを押します。
  3. 続けて、再度、Win+Rキーを押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  4. OneDrive アプリを再起動させるため、下記コマンドをコピーし、「名前」欄に Ctrl+V キーを押して貼り付けます。
    %localappdata%\Microsoft\OneDrive\onedrive.exe
  5. 「OK」ボタンを押します。

エクスプローラーが起動し、「OneDrive」が表示されました。表示されていた「人型」が消えました。

image

2018年4月12日

Windows 10 Ver.1803 エクスプローラー

OneDrive の状態を示すチェックマークに関して、エクスプローラーのナビゲーションウインドウにOneDrive の同期の状態を示すチェックマークがないで、Windows 10 Ver.1709 のエクスプローラーの仕様を紹介しました。

さて、Windows 10 Ver.1803 では、「ファイル オンデマンド」が有効になっている環境でも、エクスプローラーのナビゲーション ウインドウにフォルダーの状態を示すマークが表示できるようになりました。

まず、Windows 10 Ver.1803 でOneDrive の「ファイル オンデマンド」が無効の場合、エクスプローラーのナビゲーション ウインドウに同期の状態を示すマークが表示されます。

image

これを OneDrive の「設定」タブで「ファイル オンデマンド」にチェックを付けます。すると、エクスプローラーのナビゲーション ウィンドウには、フォルダーの状態を示すマークは表示されなくなります。

image

この状態から設定を次のようにして変更します。

  1. エクスプローラの「表示」 タブで「オプション」を押す。
    image
  2. 「フォルダー オプション」の「表示」タブを選択
  3. 「詳細設定」の「ナビゲーション ウィンドウ」にある「可用性の状態を常に表示する」にチェックを付ける。
    image
    ※「可用性の状態を常に表示する」は、Ver.1803 から追加されています。
  4. 「フォルダー オプション」を「OK」ボタンで閉じます。

以上で、「ファイル オンデマンド」の設定がオンの場合、エクスプローラーのナビゲーション ウィンドウにOneDrive との状態を示すマークが表示されます。

image

エクスプローラーのナビゲーションウインドウにOneDrive の同期の状態を示すチェックマークがない

Windows 10 で OneDrive を利用しています。エクスプローラーを開いた際、気がついたらナビゲーション ウインドウの OneDrive にあるフォルダーに同期を示すチェックマークが表示されなくなっていました。右側では、ちょっと違っていますが、チェックマークがついています。どうすると、以前のようにナビゲーション ウィンドウにもチェックマークがつくようになるのでしょう?

Windows 10 でエクスプローラーを開いた際に、こんな感じの表示になっているのだと思います。

OneDriveの「ファイル オンデマンド」が有効

右側のOneDrive内にあるフォルダーの同期を示すマークもちょっと変わっているのに、お気づきでしょうか?これは、OneDrive の設定で「ファイル オンデマンド」を有効にしてある場合です。「ファイル オンデマンド」は、Windows 10 Ver.1709 から追加された機能です。

Windows 10 IP:OneDrive でディスク容量を消費せずにすべてのファイルが表示できる  で紹介しましたが、表示されているマークはこんな感じです。

image雲の印は、見えるけれどもダウンロードしていない状態です。利用したい場合は、インターネットに接続されている環境でダウンロードします。

image矢印が回っている印は、更新中です。しばらく待ちます。

image印は、ダウンロード済みなので、インターネットにつながっていなくてもファイルが利用可能です。

imageは、ファイルやフォルダーを右クリックして「このデバイス上で常に保持する」を選択した場合です。この印がついていると、常に同期されるようになります。

例えば、別のPCでフォルダー内にファイルを作成した場合。imageチェックがついているフォルダーだと、中のファイルは、ほかのパソコンからだとimage雲マークで表示されます。このため、ほかのパソコンで利用するには、ダウンロードしなければなりません。しかし、image フォルダーの場合は、自動的にダウンロードまでしてくれます。

ということで、「ファイル オンデマンド」を有効にすることで、OneDrive に保存してあるファイルがすべてエクスプローラーに表示されるようになりました。しかし、見えるだけで実際のファイルは、OneDrive 上にあります。おかげで、パソコン内の容量不足から解消されます。

ただし、「ファイル オンデマンド」が有効になると、エクスプローラーのナビゲーション ウインドウにある OneDrive 内のフォルダーには、何の印もつかなくなります。

通知領域にある OneDrive アイコンを右クリックして、表示されたメニューから「設定」を選択します。「設定」タブの「ファイル オンデマンド」内にある「容量を節約し、ファイルを使用するときにダウンロード」にチェックがついていることでしょう。

「Microsoft OneDrive」の「設定」タブ

「容量を節約し、ファイルを使用するときにダウンロード」のチェックを外します。「ファイル オンデマンドを無効にする」の確認メッセージが出ますので、「OK」ボタンを押します。「Microsoft OneDrive」も「OK」ボタンで閉じます。

以降、エクスプローラーを開いた際には、ナビゲーション ウインドウにも同期を示すチェックマークが表示されるようになります。

image

なお、この仕様は、Windows 10 Ver.1803 から変わります。詳細は、Windows 10 Ver.1803 エクスプローラー でどうぞ。

2018年4月 9日

Windows 10 :OneDrive の「自動保存」タブが変更

Windows 10 製品版(Ver.1709)の OneDrive アプリが更新されました。2018年4月9日現在のバージョンは、2018(ビルド 18..044.0301.0006)です。このバージョンは、2018年3月26日に公開されました。

参考:OneDrive の新しい同期クライアントのリリース ノート - Office サポート

Windows 10 製品版(Ver.1709)の OneDrive アプリの「バージョン情報」

「自動保存」タブが変わっています。2017年11月9日の記事 Windows 10:OneDriveの自動保存に「デスクトップ」が追加 で紹介した際は、「デスクトップ、ドキュメント、画像」という項目があり、デスクトップやドキュメント、ピクチャを「このPCのみ」で保存するのか、「OneDrive」で保存するのか選択できるようになっていました。しかし、バージョン 2018(ビルド 18..044.0301.0006)には、「重要なフォルダーを保護する」に変わっています。

バージョン 2018(ビルド 18..044.0301.0006)の「自動保存」タブ

「フォルダーの更新」ボタンを押してみると、こんな感じ。

「重要なフォルダーを保護する」画面

以前のバージョンで、デスクトップやドキュメント、ピクチャをOneDriveで保存するよう設定してあったからでしょう。画面内にも「これらのフォルダーは OneDrive で同期しています。新規および既存のファイルは OneDrive に追加および保護され、この PC を 紛失しても他のデバイスで使用できます。」と表示されています。

試しに「保護の停止」を押してみます。下記のような確認のメッセージが出ます。

「保護の停止」を押してみた

「保護の停止」ボタンを押します。「保護されていません」の表示に変わりました。

デスクトップが「保護されていません」の表示

いったん閉じてから、再度開いてみると保護されていない項目が選択された状態で、「保護の開始」ボタンが表示されています。

「保護の開始」ボタンが表示

「保護の開始」ボタンを押すことで、同期が始まりました。

同期が始まった

以上で、再度保護できるようになりました。

さて、Insider Preview版では?と思ってみてみました。バージョン 2018 (ビルド 18.054.0314.0004)です。

Windows 10 Insider Preview版の「バージョン情報」

ところが、Insider Preview だと、バージョンがより新しいのに「自動保存」タブは、従来と同じでした。(あれぇ?

自動保存」タブは従来と同じ

より以前の記事一覧

Translator


2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

スポンサード リンク



Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

無料ブログはココログ